--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日できる事は明日に伸ばすタイプです

2005年07月31日 17:40

レポートを書いています。講義名は「国文学(古典)」。源氏物語を扱っています。
工学部情報工学科ではありますが、私の高校時代とかを知ってる人なら別に不思議とは思わないですね。それに同学科でこの講義を取っている人も数名いるし。

そのレポートを書くために、付属図書館に行ったり(席がなかったので立ち読み(本屋かよ)して帰ってきましたが)、Web上で資料を探したり。今日一日かけていますが、そのつけで頭がいっぱいになってきました。

気分転換にこれを書いています。
続きは源氏物語について語ったり語らなかったり。
源氏物語というと日本の古典文学ですし敬遠する方も多い(敬遠する方のほうが多い)ですが、実際に読んでみると今でも面白い作品なのです。
もちろん、高校の古典の授業でやったような原文では私も読みたくないです、いやまったく読めません。なので、現代語訳。いろいろな人が書いてますよ。(オススメは瀬戸内寂聴さん。読みやすい)
高2のときの担任の某K野M夫氏は当時私が源氏物語を読んでいるのを見て「ませてんなー」などと言いやがりおっしゃいましたが、そんなおっさん…邪な見方をしなければいいだけの事。
さっきから思わぬ暴言が出て困ります。

インターネットで検索すると、かなりの個人サイトがひっかかります。皆好きなんですねー。「紫式部からのメッセージ」(今回のレポートの課題の一つ)について語ってくれればなおありがたいのですけれど。ドラマにするならこの配役というのがいろいろあって面白かったです。光源氏→堂本光一(Kinki Kids)が多かったかな。


早く頭をすっきりさせて戻らないと。明日提出なんだから。(はぁ~)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sirabuil.blog59.fc2.com/tb.php/56-4592e049
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。