--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もやー【長々と書いてしまった】

2009年12月02日 14:31

唐突にストパーかけてきました。
学校行ってもほとんど話題にしてもらえませんでしたが別にいいです。そうだと思ってた。

女性の美容師さんは苦手です。今日担当してくれたお姉さんには悪いんですが。
美容師さんはやっぱり男性の方がいいなあ…次からはそうお願いしよう。

これまでの私の経験による考えなので、絶対こうに違いない、ということではないです。
まず、女性の美容師さんは、希望についてあまり細かく聞いてくれない気がします。
「良かれと思って」勝手に全体のスタイルを作るというか。
私はおでこを出すのが苦手なんですが、今回は結構ラストの方まで前髪作らない方向で整えられてました。危なかった。
前髪作るって言ったら「あ、そうですか?」って言ってたし。なんで意外そうな顔をする。来店時前髪あったろ。
多分美容師さんがお客さんを見て思ったイメージでやるんじゃないかな。
逆に男性の美容師さんだと、ひとつひとつ希望を聞いてくるイメージ。人によっては「いちいち」って思うかも。
私は自分からあーだこーだ言えないので、聞かれて答える方がありがたい。

次に、女性美容師さんとの会話が苦手。
聞かれたから工学部の大学生だと言ったら「すごいですねー。私はもう勉強はしなくていいです」って。
「勉強」って単語に過剰な偏見をお持ちではないかと。美容師さんたちも日々、新しいスタイルとか技術とか流行のヘアアレンジとか勉強してるんじゃないですか。
っていう議論は多分求められてないと思ったのでもちろん言いませんでしたよ。
女性美容師さんはお客さんも女性だと、やっぱり女子の会話をするので「○○ですよね。」「ですよね~。」の流れが苦手な私にはもどかしいです。
男性美容師さんとの会話はそれよりはドライだし、楽です。人によってはすっぱり雑誌に任せて無言作業してくれるのでその方が潔い。

とりあえず私は「可愛らしくしたいけど素直になれないクール知的女子風」を目指します。めんどくせえ。
あくまでも「風(ふう)」です。手作り風。

「別に、あなたのために美容室行ってきたわけじゃないですから。」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。